パパ山紀信

第3回「海辺でパパ山紀信2号登場!?」

●砂浜を駆ける● photo by 古賀パパ
砂浜を力強く駆け回って来年の運動会のリベンジに燃えているのかいないのか?

第3回のパパ山紀信は、湘南の片瀬海岸にやってきました。
当日は天気に恵まれて絶好の撮影日和。
青い空と広い海、ロケーションは完璧です。

今回応募して下さったパパカメラマンは、伊藤ともはるさん。
娘のかざねちゃん、お友達の古賀かずあきさん、あかりちゃん、ともきくん親子とともに参加して頂きました。
そして、撮影会にはパパ山紀信2号が登場!!

レイザーラモンRGにうりふたつのパパ山2号の提案で、砂浜の上で撮影することに。

すると、どこからか見知らぬダックスフントがやってきて、ちょこんとおすわりしたまま、撮影の様子を見守ってくれました。

その姿はまるで伊藤家か古賀家のペットのよう。
開放的な雰囲気が、動物をもフレンドリーにするのかもしれませんね。

ダックスフントとお別れし、女の子2人は持参したシャボン玉を吹くグッズで遊びます。
陽の光に反射して、とってもきれいでした。

●しゃぼん玉● photo by 古賀パパ
六年生になり大人びた行動が多いけど、時折魅せる幼さがキュンとなるなぁ・・・

その頃、ともきくんはバッティングに夢中。
自分でボールを打っては拾い、また打っては拾います。
広い砂浜の上なので、ご近所のガラス窓を気にする必要なんてありません。
思いっきり打って、気持ちよさそうです。
パパ山2号が撮影したともきくんの写真を見て、あかりちゃんは、

「立体感がある!」

と、高評価をつけていました。

今度は女の子たちを被写体にするパパ山2号。

「いいね~、いいんじゃない」

とモデルたちに声をかけます。
1番年上のあかりちゃん、自然なのに何だかポーズが決まってるんです。
モデルの才能があるのかも?
おまけに、シャボン玉を吹くのがとっても上手。
このシャボン玉、意外と難しいらしく、古賀パパもともきくんも、結構苦戦してました。

●貝拾い● photo by 伊藤パパ
貝拾いが大好きなカザネは、海に来るといつも夢中になって鮮やかな色の貝を探すんですが、そんな時の「ふっ」とした表情は、だんだんとコドモからショウジョへと変化しているのにいつも気付かされる。

「もうちょっとこっちに来て。」
伊藤パパは立ち位置にもこだわり、かざねちゃんに 指示を出します。
でも、かざねちゃんは遊びたくてしょうがない。

「早くして~。」

日頃の会話が想像できる1コマでした。
この時、空には数羽のトンビが。すると、パパ山2号はトンビもパシャリ。
「野鳥の会に入っているので、つい。」
パパ山2号は子供写真家でもあり、野鳥写真家でもあるのです。

写真を見せあう伊藤パパとパパ山2号。

「うわ!上手!!しかも機材が最新鋭。」

パパ山2号も驚く伊藤パパの腕前とカメラ。
伊藤パパの一眼レフ歴は2年以上とのこと。

「オートではなく、絞り優先モードにしています。それから、表情を撮るために、連写を使って寄って撮るようしています。」

この『寄って撮る』方法は、パパ山1号もおススメする、いい表情を撮るためのポイント!
伊藤パパ、さすがです!!

●貝殻を集める二人● photo by パパ山紀信2号
逆光を利用して浜辺のまぶしさを表してみました。

撮った写真はスマートフォンにとりこんで、編集しているという伊藤パパ。

「今の時期は年賀状用に撮ってます。」
※この撮影は2010年11月に行われました。

写真付きの年賀状って、送ってくれた家族の今が一目でわかるので、嬉しいですよね。

ここで実は一眼レフ歴2年という、娘カメラマンかざねちゃんが登場!
お互いがカメラマン兼モデルという、何とも不思議な光景。
←こちらがかざねちゃんが撮った1枚。
お見事!個人的には本日のベストショットです。
それにしても、このパパ山2号の表情…。
何故、こんな男前風?
自然体な子供たちとは正反対。完全にかざねちゃんのカメラを意識してます。

●波に喜ぶ● photo by パパ山紀信2号
濡れたら怒られちゃうので、手だけでもいいから触りたいという瞬間を撮れました。

今度はみんなで波打ち際に移動です。
寄せる波を触ろうとするともきくん。
古賀パパとパパ山2号が、シャッターチャンスを狙います。

「子供が横向いてるところとか、走ってるところもいいよね。」

一眼レフ歴1か月の古賀パパに、伊藤パパからさりげないアドバイスが。

「これじゃ、どっちがパパ山紀信かわからない。」

次第に、伊藤パパのことを『巨匠』と呼び出したパパ山2号なのでした。

そんな巨匠は、貝殻で自分の名前を作成中のかざねちゃんを撮影します。
カメラを全く気にしないかざねちゃんを見て、パパ山2号が一言。

「かざねちゃんは撮られ慣れてるな~。」

「いっぱい撮ってますからね~。」

と巨匠。

最後に全員で集合写真を撮って、約1時間の撮影会は無事に終了しました。
伊藤さん、古賀さん、どうもありがとうございました。

The Best Shot

●砂に刻む名前● photo by 伊藤パパ
「かざね」とおもむろに波打ち際に砂に刻んだ後、
「お父さん、伊藤を漢字で書けるようになったんだ」
と言いながら、一生懸命に砂に刻む娘が愛らしい。

●伊藤パパ、古賀パパから感想をいただきました!●
伊藤パパより:
今月三度目の海遊びだったので、娘も飽きたと前日の夜は言ってたのですが、パパ山紀信さんと会えて、楽しかったのか自然な表情の写真がたくさん撮れたので、年賀状用の写真選びが大変になりそうです。

古賀パパより:
子供の意外な一面も見れたのもよかったですが、パパ山紀信さんが、意外とマジメだったというのが、率直な感想です。

伊藤パパ使用機種
NIKON:D5000
レンズ:TAMRON SP AF17-50mmF2.8
Picasaによる露出補正あり

古賀パパ使用機種
NIKON:D60
レンズ:NIKKOR AF−S 55-200mm
Picasaによる露出補正あり

パパ山写真

パパ山ポイント

砂浜で撮影する時は、下から撮るときれいです。
それから、逆光も利用しましょう。
とてもいい写真になりますよ。




パパ&ママカメラマン大募集
パパ山紀信とは?

伝説の子ども写真家・パパ山紀信があなたのもとへ出張して、家族の記念日を写真に収めます!記念撮影はパパ山紀信にまかせて、家族みんなでお子さんと一緒に遊びましょう♪

アカチャンホンポwellnoteとのコラボレーション!
家族の記念日の思い出をかたちに残しましょう♪
アカチャンホンポwellnoteは、家族だけで写真やメッセージの共有ができる家族SNSです。
多くのお医者さんたちからの健康情報や、もちろんアカチャンホンポからのお役立ち情報もリアルタイムで届きます。

詳しくはこちら

パパ山紀信1号プロフィール

伝説の子供写真家。子供の表情や動きをユーモラスに切り取る天才として名を馳せている。顔がそっくりなCOWCOW山田よしは、従兄弟のクラスメイトの友人。

COWCOW 山田よしブログ

パパ山紀信プロフィール

自称伝説の子供写真家。得意のものまねでパパ山紀信の後がまを狙っている?さらにパパ山紀信2号に顔がそっくりなレイザーラモンRGとは血縁関係という噂も。

レイザーラモンRGブログ

メルマガバナー

このページの一番上へ