パパ山紀信

第2回「水族館でパパ山紀信」

●初熱帯魚● photo by 石川パパ
今日は初めて水族館にきたので、もちろん綺麗な熱帯魚を見るのも初めてでした。
必死で魚を目でおい、思わず笑顔に。
親バカかもしれませんが、そんな顔を見返す度にほっこりです。

第2回のパパ山紀信は、横浜中華街にある『さかなの赤ちゃん水族館』にて撮影です。
こちらの水族館には魚の稚魚や卵がいっぱい。
同じ施設内には、笑える!学べる!楽しめる!
をテーマにした『よしもとおもしろ水族館』も入ってます。

そして、今回パパ山と一緒に撮影していただくのは、石川ただよしさん、かずえさん、さちとくんファミリー。
さちとくんは笑顔がかわいい10か月の男の子。
ハイハイが得意で、とっても早いんです。

早速パパ山&石川パパによる撮影がスタート!

さちとくんは好奇心旺盛で、目に映るもの全部に興味津々といった様子。
幼稚園をモチーフにした館内は、遊びながら魚を見られる楽しい造りになっていて、子供たちを飽きさせません。

ジャングルジムにつかまり立ちして、水槽をのぞき込むさちとくんを撮影するパパ山紀信。

●水槽の中● photo by パパ山紀信
子供が水槽の向こうにいて、水の中みたい。
水槽にレンズをくっつければ反射の光も防げてちゃんと撮れます。
これは夜景を撮る時にも効果的です。

ん?
今回のパパ山、何かがちょっと違うような…?
そうです、髪型が違うんです。

元気いっぱいのさちとくんがとてもいい表情をするので、シャッターチャンスを逃すまいと、カツラを被る前に撮影が始まってしまったのです。

ポツンと床に置かれたパパ山カツラ。
一緒に水族館に遊びに来ていたパパ山のお子さんにこりちゃん、さくはるくん大喜び!
「ボサボサ頭ちゃ~ん」と呼ばれていました。

そんなボサボサ頭ちゃんを置き去りにして、撮影は快調に進んでいきます。

お互いの撮影の途中経過を報告し合う石川パパとパパ山紀信。
石川パパの写真をチェックしたパパ山は、「いい表情撮れてるな~」と感心しきり。
石川パパはさちとくんの写真を毎日撮っているそうで、カメラの扱いも慣れたもの。
ファインダーをのぞかずに、さりげなく撮影するという技も見せてくれました。
そんな石川パパの印象を、パパ山巨匠に聞いてみると、

「石川パパは子供を撮影する親の鏡!ちゃんと子供の目線に下がって撮ってます。カメラを構えるのが日常になってるので、撮り慣れてるし、さちとくんも撮られ慣れてるんですね。相当いいパパカメラマンですよ。」

とのこと。
伝説の子供写真家も一目置く腕前のようです。

●泣き顔● photo by 石川パパ
頭をぶつけて泣き虫な我が子。
こういう泣き顔も意外にシャッターチャンス。オイオイ慰めてやれよって言われそうですが、泣き顔も成長するにつれ変わってきます。
泣き顔も思い出に残してみてはどうでしょう。

館内にあるすべり台の下は水槽になっていて、たくさんのきれいな魚が泳いでます。
「ほら、お魚だよ~」
こうやって教えてもらって、言葉やものを覚えていくんですね。
お魚も気になるけど、その上のすべり台も気になるさちとくん。
でも、まだ階段は登れません。
自分より年上の子供たちがすべる姿がちょっぴりうらやましそう。
そんなさちとくんに、この後ハプニングが…。

上からすべってきたお子さんの手がぶつかって、コテン!と倒れちゃいました。
パパ、ママ、パパ山たちが見守ること2~3秒。
「うわ~ん」
泣き出すさちとくん。
「大丈夫、大丈夫」ママが優しくなだめます。
パパも2人の様子を見てニッコリ。
日頃から育児に参加しているだけあって、慌てません。

●僕も昇りたいんだけど………● photo by パパ山紀信
3才の桜大に追いつけ追い越せ。

しばらくすると、泣き止んで笑顔に戻るさちとくん。
ママがすべり台の上に乗せてくれました。
パパに手伝ってもらって、念願の本日初すべり!
とっても楽しそうです。
さっきぶつかったお子さんとも、今日初めて会ったのに、すっかり仲良しになりました。
子供の順応性って、本当にすごいですね。

あ、パパ山紀信に変化が!
置き去りにされていたパパ山カツラを被って、完成形になりました。
改めて、ママに抱っこされているさちとくんをパシャリ!
それにしても、ホントにボサボサ頭ちゃん。
ボリュームが半端じゃない。
さっきまで撮影してた短髪の人と同じ人だってわかるかな?

●ママ&ベイビー● photo by パパ山紀信
本当にお父さんが毎日写真撮ってるのがわかりますね。 撮られ慣れてるんです。だから撮りやすい。 今回のパパはパパ山の鏡ですよ。

いっぱい遊んで、ちょっぴりお疲れのさちとくん。
ママに抱っこしてもらい、しばし充電タイムです。
でも、充電はあっという間に終了。
すぐに元気になって、再びハイハイを開始します。
その様子を優しいまなざしで見つめる石川さんご夫婦。
手をかけすぎるわけではなく、何かあったら手を差し伸べる。
とってもいい親子関係ができてます。

こうして、本日のパパ山紀信撮影会は終了。
最後はみんなで記念撮影です。
石川さんご一家、どうもありがとうございました。

撮影協力
『さかなの赤ちゃん水族館』
神奈川県横浜市中区山下町144
チャイナスクエアビル3F
(横浜中華街中華大通り沿い)
TEL: 045-222-3211
http://www.omoshirosuizokukan.com
※滑り台、ジャングルジムでお子様を遊ばせるときは、必ず保護者の方が付き添うよう、お願いいたします。

The Best Shot

●赤ちゃんの目線● photo by 石川パパ
ハイハイしながら次はどこにいこうかな?っと企む顔です。
この目を見開き、口を膨らませ何かを企んでいそうな横顔がなんともいえません。
どの写真をベストにしようか悩んだんですが、親バカ目線からみて普段見せてくれないこの顔がなんともいえず、ベストに選びました。
普段から子どもの目線から撮影するように心がけています。今回はあまり明るくない場所だったので単焦点レンズを使い、ハイハイで高速で動く我が子を人目を気にせずに同じ目線になり這って撮りました。
赤ちゃんと同じ目線に寝転がって低い視点から見る景色はいつもと違って見えるので、新鮮なアングルです。
赤ちゃんの視界に出会うことができると思います。

●石川パパから感想をいただきました!●
さちとのパパです。今回は撮影場所もよく本人も楽しそうにはしゃいでいたのでいい経験ができました。
いろんな初めてを経験するその一瞬を記録して行く為に産まれて以来毎日写真を撮り続けています。
子どもの写真を撮るのは本当に難しいと思っています。不規則に動く自由な脳みそについていくのは至難の業です。まったく予測不可能です。
が!そんな中でいい写真が取れた時は感激です。何度も何度も嫁と一緒に見返してしまいます。
もっと写真を勉強してこれからの成長を記録して行きたいと思います。
普段からパパ山さんと同じNikonユーザー(D90)なのですが、つい先日発売したD7000に+レンズまで買ってしまいました。
さらにいい写真を残していけるように日々努力しています。

今回、残念だったのは時間の都合もあり、パパ山さんとはあまり深くお話する事が出来なかったのが残念です。もっと写真についてお話したかったです。
うちの子が歩けるようになり、機会があれば是非またこの企画に参加したいです。

親子共にいい経験をさせて頂きありがとうございました。

石川パパの生まれてからの毎日を一眼片手に記録しているブログ
『HE MAKES ME HAPPY』

パパ山写真

パパ山ポイント

水族館は少し暗いので、水槽の明かりを利用して子どもの表情をとらえると、いい写真になります。
とにかく、こういう場所に来たら、一緒に遊んだり、魚を見たりして、楽しみながら撮りましょう。
そこがカメラパパのいいところです。
動画パパじゃ、自分は楽しめないですからね。




パパ&ママカメラマン大募集
パパ山紀信とは?

伝説の子ども写真家・パパ山紀信があなたのもとへ出張して、家族の記念日を写真に収めます!記念撮影はパパ山紀信にまかせて、家族みんなでお子さんと一緒に遊びましょう♪

アカチャンホンポwellnoteとのコラボレーション!
家族の記念日の思い出をかたちに残しましょう♪
アカチャンホンポwellnoteは、家族だけで写真やメッセージの共有ができる家族SNSです。
多くのお医者さんたちからの健康情報や、もちろんアカチャンホンポからのお役立ち情報もリアルタイムで届きます。

詳しくはこちら

パパ山紀信1号プロフィール

伝説の子供写真家。子供の表情や動きをユーモラスに切り取る天才として名を馳せている。顔がそっくりなCOWCOW山田よしは、従兄弟のクラスメイトの友人。

COWCOW 山田よしブログ

パパ山紀信プロフィール

自称伝説の子供写真家。得意のものまねでパパ山紀信の後がまを狙っている?さらにパパ山紀信2号に顔がそっくりなレイザーラモンRGとは血縁関係という噂も。

レイザーラモンRGブログ

メルマガバナー

このページの一番上へ