パパコラム

イシバシハザマ 石橋による、

おっぱい

2011年10月13日 15:15

ishi1005.jpg唐突でスミマセン。
私は今、非常におっぱいが欲しいのです。
はい。
自分の体にです。自分の胸にです。

何を言ってるんだと思うかも知れませんが
「おっぱいさえ有れば・・・」と思う事だらけなのです。

私の娘、芽依はスクスクと健康に育ち、産まれてから5ヶ月が経ちました。

主食は嫁の母乳であります。粉ミルクは一切飲んではくれません。おしゃぶりも嫁の乳首以外は、全く受け付けません。

そして、嫁がちょっと用事で出掛ける度に、私に向かって娘はこう泣くのです。

「お前からは何で母乳が出ないんだ」と。
「お前には何でええ感じの乳首が着いていないんだ」と。


私は正直悔しいのです。
私だって親です。

おっぱいが無いから親じゃねえみたいな事を 思われたりしたら、私だってたまったもんじゃありません。
世の中には必要に応じて、色んな進化を遂げた動物達がいます。
授乳の時期にだけ、人間のオスにおっぱいが出来る進化がそろそろあっても良いだろう!

そしたらどうしよう?
やっぱブラは着けるでしょう。

メーカーは?
ピーチジョンくらいしか知らないから、ピーチジョンに取り敢えず行くでしょう。

そしたら上着は?
どうせなら、胸元ザックリ開けて谷間を強調させたいでしょう。そしたらそれに合うメイクをするでしょう。そしたら脱毛するでしょう。ヒゲは残すでしょう。ネイルアートもするでしょう。バッグも買うでしょう。バッグにポーチも入れるでしょう。バーにでも出掛けて、ドライマティーニを飲むでしょう。
いや、アルコー ルは母乳がダメだからジュースのカクテルか何かを頼むでしょう!

何でかって?
親だからさ!

こんな感じでどうでしょう・・・。 娘よ、お父ちゃんは本気だぞ。



このページの一番上へ